建物の状態|雨漏り修理業者を選ぼう~口コミや比較サイトを利用する~

雨漏り修理業者を選ぼう~口コミや比較サイトを利用する~

男女

建物の状態

女の人

雨漏り修理にかかる費用は、建物の状態によって異なってきます。外壁や屋根材にヒビが入り、そこから雨水が浸入している場合には、そこをコーキングという作業で塞ぎます。この場合にかかる費用は、5万円程度です。しかし屋根材に、コーキングでは塞ぎきれないほど多くヒビが入っていたり、欠損していたりする場合には、部分的な交換が必要になります。交換する屋根材の枚数にもよるのですが、だいたい50万円ほどの費用がかかります。足場を組んで作業をすることになるので、これには足場代も含まれます。また、屋根材だけでなくその下の防水シートまで劣化している場合には、それごと交換するか、またはカバー工法で新しいものをかぶせることになります。この場合は、費用は150万円ほどかかります。劣化している部分が多いほど、雨漏り修理費は多くかかるようになるわけです。

新しい屋根材を設置するのではなく、コーキングや屋根材の交換で雨漏り修理をする場合には、しばしば屋根塗装や外壁塗装も一緒におこなわれます。屋根材や外壁を塗装しておくことで、ヒビが入りにくくなり、今後の雨漏りが一層防がれるようになるからです。つまり、雨漏り修理だけでなく雨漏り予防もしてもらえるということです。さらに塗装することで、建物の外構部分の見た目は、ガラリと違ったものになります。塗料の光沢によって美しく見えるようになりますし、選択する色によっては、今までとは違うイメージの建物になります。もちろん、新しい屋根材を設置する場合には、雨漏り予防効果や見た目を良くする効果は、もっと高いものになります。このように雨漏り修理には、雨漏りを解消する以外のメリットもあるのです。